グーグルアナリティクス設定 グーグルサーチコンソール google-site-verification=8nHyigJ4yWe01_ajsu7OJZLxKI39aj3CbnAwlu4W_3k

ビタミン

2019年11月16日栄養素βカロテン, アンチエイジング, カルシウム, ビタミンA, ビタミンB, ビタミンD, ビタミンE, ビタミンK, ビタミンC, 抗酸化作用

ビタミン

ビタミンは物質ではなく機能ごとに13種類に分けられ、炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物を指します。ビタミンではないがビタミン様と呼ばれるものも多く存在します。体内で補酵素として機能し五大栄養素などの吸収に大きく関わります。

ビタミンACE

脂溶性ビタミン

水洗いや加熱調理にて失われにくく、油と併せて摂取することで吸収を高めることができるビタミン。人体から排出されにくいとされます。

  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK

ビタミンA

ビタミンAは生理作用を指し、皮膚細胞の分化促進目の機能に関わりが大きいとされます。緑黄色野菜などに多く含まれるβカロテンが体内で分解されビタミンAになります。バターやチーズ、卵、レバー、ウナギなどに豊富に含まれます。一方で、外洋魚の肝臓などを多く摂取すると過剰摂取する恐れがあります。過剰摂取により脱毛や吐き気、めまい、皮膚障害、夜盲症などを催すとされます。一方で、βカロテンの場合、過剰摂取にならないとされます。βカロテンは抗酸化作用やアンチエイジング効果、ガン予防などでも注目されています。

ビタミンD

近年、カルシウムの吸収を高め、身体機能を増進維持しようとする考え方の広がりから注目を浴びているビタミンです。腸からの吸収を高め、尿排泄の抑制、骨から血中にカルシウムを放出する効果が期待されます。日光浴でも生成されますが、十分な日照時間が得られない環境下ではサプリメントが活用されています。ビタミンD不足が高血圧や、歯周病、ガン、冬季うつなどの罹患率を高めた報告があります。主にキノコ類から得られるビタミンD2、魚類から得られるビタミンD3に分けられます。

ビタミンE

光合成による合成されるトコフェロールを指し、別名若返りのビタミンとされます。植物油に豊富に含まれます。したがって通常の食生活では不足しないとされます。抗酸化作用があり、ビタミンEを前面に打ち出した商品が人気を集めています。ビタミンKの活性および量を減少させるとされます。アーモンドなどのナッツ類やオリーブオイルなどの油脂、ピーマンなどの野菜類に多く含まれます。

ビタミンK

血液凝固や細胞、骨などの組織構成に関わり、通常の食事で不足することはないとされます。ビタミンKを含む納豆の食習慣がある地方が骨折しにくい報告もあり、骨のコラーゲン、骨質を改善するとされます。動脈硬化の主因とされるカルシウム沈着にビタミンKの摂取量が高いと効果的とする報告があります。認知症や糖尿病、肥満の改善効果も報告されています。腸内細菌により合成が行われます。ビタミンKは抗血液凝固薬ワルファリンとは拮抗するとされ、服薬時はビタミンK摂取を控えることが知られています。

水溶性ビタミン

水洗いや加熱調理により失われやすいビタミンであり、蒸し物や炒め物の方が茹で物や炒め物よりも無駄なく摂取できるとされます。過剰摂取しても尿として排出される特徴があります。

  • ビタミンC
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB3(ナイアシン)
  • ビタミンB5(パントテン酸)
  • ビタミンB6
  • ビタミンB7(葉酸)
  • ビタミンB9(ビオチン)
  • ビタミンB12

ビタミンC

アンチエイジングや健康に最も精通するビタミンであり、コラーゲン合成などの生理作用に深く関わるとされます。鉄分やカルシウム、亜鉛の吸収を高める効果ビタミンEの再生による抗酸化作用などが期待されます。風邪予防には懐疑的とされる見方が広がっていますが、回復能力には効果があるとされます。

ビタミンB群

ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミン12、葉酸、ビオチンの8種類の総称とされます。炭水化物をエネルギーに変換する役割を担います。腸内細菌の働きでビタミンBの合成が行われており抗生物質などの投与は腸内細菌バランスを崩すことになりかねません。腸内細菌を整えることが近年注目を浴びている要因でもあります。豚肉やうなぎ、レバーなどに豊富に含まれます。