*/バリューコマース */

ビタミンB

栄養素

ビタミンBはよく耳にしますが、どんな役割を担っているのかはあまり知られていません。

糖質過剰になりやすい現代社会ではビタミンB不足に陥りやすいとされます。

ビタミンBの種類や働きだけでなく無駄なく摂取する調理方法を理解し、「腸活」や調理方法を工夫する習慣を大切にしていただけたらと思います。

 

目次

ビタミンB

水溶性ビタミンの1つで、8つ分類されます。

発汗などで失われやすいためこまめに補給することが重要です。

炭水化物をエネルギーに変える役割を担い必要不可欠な栄養です。

  • ビタミンB1(チアミン)・・・豚肉、うなぎ、きな粉
  • ビタミンB2(リボラビン)・・・ドライイースト、豚、レバー、ハツ
  • ビタミンB3(ナイアシン)・・・たらこ、マグロ、イワシ
  • ビタミンB5(パンテトン酸)・・・レバー、納豆、卵黄
  • ビタミンB6・・・唐辛子、ニンニク、マグロ、バナナ
  • ビタミンB7(ビオチン)・・・ドライイースト、のり、玄米、マグロ
  • ビタミンB9(葉酸)・・・レバー、大豆、緑黄色野菜
  • ビタミンB12・・・しじみ、のり、赤貝

 

ビタミンBの働き

エネルギー変換に不可欠

炭水化物をエネルギーに変換する働きがあり必要不可欠です。

過剰な糖質摂取がビタミンB不足に陥る可能性があります。

 

体内時計を整える

ビタミンB9(葉酸)にはクリプトクロームと呼ばれるタンパク質が体内時計を整えるとされます。

生活リズムを整えることは、健康増進する上で必要不可欠です。

体内時計を整え免疫力を最大化する!

タンパク質合成の活性

ビタミンB6がアミノ酸からタンパク質の合成を活性化に繋がります。

 

セロトニン合成に不可欠

幸せを感じるホルモンのセロトニンは、トリプトファン、鉄分、カルシウム、マグネシウムに加えてビタミンBが揃うことにより合成されます。

うつ病などの精神的な落ち込みなどは、脳内神経の不活性化が影響していると考えられており、セロトニンの不足が一因とされます。

ホモシステインを減少させる

ビタミン B6、B12、葉酸(ビタミンB9)を合わせて摂取することがアミノ酸の1つホモシステインを減少させる働きが期待できます。

 

ビタミンBを逃さない・高める方法

料理

水溶性を考慮する

ビタミンBはビタミンC同様に水溶性ビタミンの1つです。

水洗いや加熱の蒸発などで失われる、出汁ごと味わえる調理を心がけることが吸収を高めます。

「腸活」で合成する

腸内細菌がビタミンBやビタミンKを合成する役割を担うため、腸内環境を整えることが重要です。

 

唾液に含まれるアミラーゼ酵素

唾液に含まれるアミラーゼ酵素がビタミンB12や成長ホルモンの活性化に関与します。