*/バリューコマース */

つけ過ぎない、使い過ぎないで「適塩」を実現

塩分

日本人の死因の上位に該当するのが脳梗塞や心筋梗塞、心臓病などの血管に関わる疾患です。

年齢とともに血管は劣化していきますが、大きな病だけでなく、心臓から動脈を伝って毛細血管に流れる仕組みが損なわれることはすなわち末端部が酸素や栄養素が不足し冷え性などを症状に発展します。

血管を若く保つための大きな要素として塩分量を適量にする「適塩」が重要となります。

ご自身の塩分との関わりを見直し「適塩」を実現し血管を若く保ちましょう!

 

目次

塩分摂取をコントロールする

血管は何歳からでも若返ることができます。

有効な方法として塩分のコントロールが重要です。

厚生労働省摂取基準目安量は以下の通りです。

  • 男性7.5g未満
  • 女性6.5g未満

以前に紹介した記事ではWHOが定める基準や「適塩」するための方法を紹介しています。

 

比較して塩分摂取のポイントを知る

チェック

おでんとすき焼き

  • おでんの方が塩分が高くなりやすい。
  • おでんは煮汁を摂取しやすく塩分が高くなりやすい
  • 野菜を豊富に使っているすき焼きは少なくなりやすい

ソースとタルタルソース(エビフライ)

  • マヨネーズは塩分が少ない
  • 液体はかけ過ぎに注意
  • つける方が少なく済む
  • お酢を足して濃度を薄める

カルボナーラと焼きそば

  • 茹でる時に塩分を使うためカルボナーラの方が塩分が高くなりやすい
  • ベーコンは塩分を多く含む

ラーメンの塩分摂取量

  1. 味噌ラーメン(3.8g)
  2. 豚骨ラーメン(5.8g)
  3. 塩ラーメン(5.9g)
  4. 醤油ラーメン(6.7g)

シンプルな味わいの醤油ラーメンは塩分が高めになりますが、味噌ラーメンのような複雑で旨み成分などが含まれるものは塩分が少なくなります。

ご飯、味噌汁とパン、コーンスープ

  • ご飯は塩分がないがパンは塩分を含む
  • 味噌に含まれるカリウム、マグネシウムが塩分を相殺する

牛丼、味噌汁と牛皿定食

牛肉とご飯が別な牛皿定食が汁を取りにくく塩分が少ないとされます。

 

まとめ

  • かけ過ぎない工夫
  • 調理や保存のため塩分が使われていないか
  • シンプルな味こそ塩が使われやすい

料理や調味料に対する正しく認識することは難しい面もありますが、ついつい習慣で行なっているだけのものも少なくありません。

基本的には、つけすぎない、使用し過ぎないことが大前提です。

「塩」がどのくらい使われているか意識する、塩味を意識するだけでも全体量が大きく異なってくると感じます。