*/バリューコマース */

「旅のラゴス」紹介編

2020年3月12日

目次

旅のラゴス

20年以上前に発売された本ですが、口コミで話題沸騰しており、多くの書店で並べられています。
題名の通り、旅をする物語ですが、SF要素が幾つもあり、現実逃避できること間違い無し!魅力を紹介させていただきます。

作家紹介

筒井康隆
生 誕:1934年9月24日
出 身:大阪府大阪市
小説家、劇作家、俳優として幅広く活躍されてます。「SF御三家」の一人と称されることもあるそうです。今回紹介作品も「SF」要素満載の内容となっています!

本書紹介

生涯の大半を旅に費やしたラゴス。旅を通じての出会い、別れ、再会、超能力などさまざまなことを経験する物語。長い時間の旅を通じて移り変わる世界や、ラゴスの気持ちは必見です。「最近、旅ができてないな」という方や、マンネリ化した方に響く素敵な作品です!

裏面あらすじ

北から南へ、そして南から北へ。突然高度な文明を失った代償として、人々が超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。集団転移、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯かけて旅をするラゴスの目的は何か?異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界に人間の一生と文明の消長をかっちりと構築した爽快な連作長編。

 

本書との思い出

口コミで話題沸騰していることを知って、購入したことを覚えてます。20数年以上発行されてから経過していることが信じられないほど忠実になおかつシンプルな筆致で描かれている作品です。超能力の一部が実践してみようかなっと思ったことを思い出します(笑)