*/バリューコマース */

甘酒の必須アミノ酸やレジスタントプロテインで冬を乗り切る

冬に飲む機会が増える甘酒は、飲む点滴と呼ばれるほど豊富な栄養を含んでいます。

糖質は気になる点ではあるものの、ビタミンB群やアミノ酸、レジスタントプロテインといった凄い効用が見込めることから付き合い方を工夫し享受したい飲み物です。

 

目次

甘酒は豊富な栄養素を含んでいる

  • ブドウ糖、オリゴ糖
  • アミノ酸
  • ビタミンB群

ブドウ糖、オリゴ糖で「腸活」

善玉菌の餌になり、腸内環境を整えることに繋がります。免疫細胞の7割が腸内に存在すると言われます。

腸内環境を整えることは、免疫機能向上便秘解消吸収代謝改善など多岐に渡り、効果が得られます。

社会で活躍するための要素として腸内環境を整えることは必須かもしれません。

 

体内で合成できない必須アミノ酸を全て含む

甘酒は、全ての必須アミノ酸やアミノ酸の中でも有名なトリプトファンGABAグルタミン酸を含まれている飲み物です。

以前にタンパク質を紹介した際に、アミノ酸について紹介しています。

筋肉がもたらす効用も享受できるため、計り知れない可能性があると言えます。

 

現代社会で不足しがちなビタミンB群を豊富に含む

糖質過多な生活習慣や食生活の乱れ、投薬により不足しやすいとされるビタミンB群を豊富に含みます。

抗AGEタンパク質の代謝促進など注目すべき働きを担っていることからも重要な栄養素です。

 

甘酒の健康パワー

米麹甘酒

米と麹菌の発酵によって生み出される米麹甘酒は、麹の酵素がアミノ酸やブドウ糖に分解しているため、無駄なく吸収できます。

アルコール分を含んでいないため未成年でも安心して飲むことができます。

ペプチドの働きにより血圧上昇ホルモンを抑制する効果が期待できます。

酒粕甘酒

日本酒の搾り粕に砂糖を加えて生み出されて作られるのが酒粕甘酒です。

アルコール分を含んでいるため、運転前などには控える必要があります。

レジスタントプロテインで脂肪排出

日本酒の搾り粕に砂糖を加えて生み出される酒粕甘酒には、レジスタントプロテインと呼ばれるタンパク質が含まれています。

食事で摂取した脂質を排出する働きが期待できるため食事と合わせて摂取したいところです。

コラーゲンの合成を活発化させアンチエイジングに

コラーゲンを作る細胞を活性化するαーEGと呼ばれる真皮を活性化する効果が期待できます。

1ヶ月程度効果が持続するとされます。

肌細胞が高める夜間に摂取することが効果的とされます。

甘酒は糖分と相談して飲む!

酒粕甘酒(100g)の糖質量は、白米(100g)に対して半分程度の18gとされます。

糖質だけを比較すると清涼飲料するに比べてやや高い値となります。

メロディアン 米麹甘酒

 

甘酒 甘酒2

1本195gあたりの炭水化物(糖質)の量が27.3gとなっています。

このことからも糖質の過剰摂取には注意したいところです。

糖質の過剰摂取がもたらすリスクや糖質の吸収を促進する方法などは以前に紹介しています。

糖質といかにして付き合っていくかが現代社会では問われていると言っても過言ではありません。