*/バリューコマース */

最強食材「納豆」

納豆

「納豆食うひと、色白美人」ということわざがあるほど、健康に関わる栄養が多く含まれておりのが納豆です。

安価でありながら、「死亡リスクを低減する」といった驚きの報告も多く、摂らない手はないと言っても過言ではない「最強食材」の一つです。

酢やナッツ類などの別のものと組み合わせながら、習慣化しいところです。

目次

豊富な栄養が健康体に繋がる

姿勢

  • 骨・筋肉づくり
  • 整腸作用(腸活)
  • ミネラルパワー

ビタミンK・タンパク質

ビタミンKを多く含む納豆の食習慣がある地域は骨折しにくいと言われるほど、骨づくりに深く関わります。

ひきわり納豆ではビタミンKを1.5倍多く含みます。

 

食物繊維・善玉菌

乳酸菌などを含めた善玉菌、食物繊維、イソフラボンなど数知れない効果が見込めます。

マグネシウム・カリウム

生命維持に不可欠なミネラルを多く含みます。

イソフラボン

マメ科の植物に多く含まれるポリフェノールの1つで納豆に含まれます。

納豆の効果

遺伝子

納豆キナーゼで血管を若く保つ

大豆を発酵させる過程で作られるタンパク質の1つで血球の結びつきを分断し血流を改善効果が期待できます。

虫歯菌の原因菌の形成を阻害した報告や、アルツハイマー型認知症に関わる物質の分解活性をした報告があります。

スペルミジンで死亡リスク低減

納豆に多く含まれ食べることで血中濃度を高めることができます。

自己再生能力を高めて腸内の細胞の修復と活性により、免疫力を高めます。

国立ガン研究センター9万人を15年間調査した報告では、「1日1パックの納豆が死亡リスクを10%減少」「循環器疾患リスク20%減少」とされます。

その他の研究でも「マウスの寿命がスペルミジンを投与したこと25%延びた」という報告があります。

ネバネバ成分でアレルギー抑制

ネバネバ成分のレバンとポリグルタミン酸と納豆菌がアレルギーを抑制する報告があります。

納豆菌が赤痢や大腸菌、歯周病、虫歯の抑制に関わります。

レバン」は微生物のバイオテクノロジー分野での利用が期待されており、全容の解明が進められています。

一部では、コレステロール低減効果、炎症軽減、エイズ薬への応用など期待されています。

コリン・レシチン

コリンはレシチンの材料になる成分であり、レシチン同等の効用が期待されます。

レシチンは、グリセロリン脂質の一種とされ、全ての動物の細胞に存在する生体膜の構成成分です。

原料が卵黄のものを卵黄レシチン、大豆が原料なものを大豆レシチンと分類され、鶏卵や大豆に多く含まれます。

タンパク質と脂質が結ぶのに必要な成分とされ、水と油を馴染ませる性質があります。

レシチンが不足することは、動脈硬化、糖尿病、悪玉コレステロールの付着などの血管などの疾患や、疲労、免疫力低下、不眠症、記録力低下などの脳機能低下の原因となるされます。

情報伝達物質の材料となり、記憶や認識機能を助け、認知症予防や学習能力向上が期待されることから「脳の栄養素」と呼ばれます。

納豆を食べるポイント

料理

朝よりも夜

納豆キナーゼは効き目が現れるまで10時間程度要するとされます。

血管疾患リスクは起床が伴う朝方に発生しやすいことから夜に食べることが有効です。

加熱を避ける

50℃程度から納豆キナーゼが失われるため、加熱調理や、熱々の食材と合わせると効果が減少します。

卵白と混ぜない

卵白と結合することで分解されにくいタンパク質を形成し吸収が低下します。