*/バリューコマース */

サーチュイン遺伝子をONする

2020年3月2日

遺伝子

近年、否定的な意見が増えつつある「サーチュイン遺伝子」ですが、活性化させる方法は、異なる有益な効果を得ることができ「サーチュイン遺伝子」はついでという感じで、取り組んでみるのも面白いと感じます。

 

目次

サーチュイン遺伝子

サーチュイン遺伝子とは

長寿遺伝子または抗老化遺伝子と呼ばれ、活性化が寿命に直結することから注目されています。

サーチュイン遺伝子の活性化により合成されるタンパク質はヒストン脱アセチル化酵素で、DNA結合による遺伝子調整に作用し寿命に関係するのではないかと考えられます。

否定的な意見も近年では報告もあります。

サーチュイン遺伝子の働き

  • 遺伝的調整
  • 認知症
  • 血管疾患
  • 糖尿病
  • 肥満

サーチュイン遺伝子を高める方法

  • 断食
  • レスベラトロール

飢餓やカロリー制限によって活性化するとされ、夕食を1時間前倒しして、断食時間を設けることでも効果を得られます。

赤ワインに含まれるレスベラトロールと呼ばれるポリフェノールによっても活性化するとされます。

ただし、赤ワインに含まれる量はわずかであり、実用的な方法ではないとされます。