*/バリューコマース */

「しんせかい」紹介編

2020年3月12日

目次

しんせかい

2016年下半期芥川賞受賞で話題となった「しんせかい」。本作で登場する主人公の名前が山下スミトであり、山下さん自身の実体験をもとに極寒の地での日々が綴られています。巧な描写、言い回し、それらと対比して主旨となる点を際立たせるような手法がよく芥川賞などで用いられる印象がありますが、この作品には、ほぼそういったものがないためか新鮮であり、もう一回読み返してみようと思わされる一冊になっています。ボリュームの少なめのため、気軽に読み進められる一冊です!

作家紹介

作家名:山下澄人
生 誕:1966年1月25日
出 身:兵庫県神戸市
代表作:コルバトントリ、緑のさる、壁抜けの谷

本書紹介

高校を卒業後、倉庫で働いていた山下スミト。ある日にある記事に出会う。

二期生募集
その新聞は家に間違えて配達されたものだった。間違えて配達された新聞にその記事はあった。それは俳優と脚本家、脚本家という物が何なのかよくわからなかったので辞書で調べた、を目指すものを育てる知らない名前の人の主宰する場で、馬の世話をするというのと、生まれて育った土地から遠く離れたところにあるというのと、入学金や授業料が一切かからないというのにひかれて応募して試験を受けたら受かった。

遠く離れた極寒の地での日々が描かれる。

スミト青年の濃淡のある思いと記憶が示すものとは何か?敢えて漠然とした、素っ気ない表現を用いることで描かれる物語が示すものは?

本書冒頭紹介

「揺れますよ」と船乗りがすれ違いざまささやいたことに乗船口からずいぶん歩いて気がついた。振り返って船乗りを見た。