グーグルアナリティクス設定 グーグルサーチコンソール google-site-verification=8nHyigJ4yWe01_ajsu7OJZLxKI39aj3CbnAwlu4W_3k

タンパク質

栄養素GABA, グルタミン酸, タンパク質, トリプトファン

タンパク質

アミノ酸が多数で構成されたもの高分子化合物をタンパク質少数での構成の場合はペプチドと呼ばれています。消化の過程でアミノ酸に分解吸収され、再度タンパク質に構成されます。ビタミンB6には再合成を高める効果があり併せて摂取が効果的です。アミノ酸とは有機化合物で、トリプトファンや、グルタミン酸、GABAなどよく耳にる成分がアミノ酸の一種です。タンパク質は英語でプロテインと呼ばれるもので、筋肉との関係を連想することが多いですが、その役割と可能性は無数に存在し、今後のバイオサイエンスを担う分野でもあります。肉類、魚類、大豆類に豊富に含まれます。

タンパク質(アミノ酸)の役割と可能性

タンパク質の役割は無数存在し、酵素、抗体、ホルモンといった生命機能やコラーゲンやヘモグロビン、アルブミン、アポリポタンパク質、フェリチン、アクチンといった成分の働きによる生命維持、身体形成、代謝、成分輸送貯蔵など多岐に渡ります。

人間は20種類のアミノ酸から構成されますがアミノ酸の数や種類、構成状況によって性質が異なり、膨大なパターンが存在するとされます。狂牛病はタンパク質の変質が原因とされます。体との関りが大きいことから、プロテオーム解析と呼ばれる生体のアミノ酸の膨大な数の構成を研究し治療などに生かそうとする動きが活発化しており、次世代のバイオサイエンスを担う分野ともされます。

タンパク質の過剰摂取は腎臓疾患などと関連

1日あたりの目安の摂取量は体重×2gが適当とされています。過剰摂取は腎臓疾患や酸性負荷増加による骨の弱体化が懸念されます。

効果的に筋肉量を高める

タンパク質を糖質と同時に摂取することでアミノ酸合成の促進、利用を抑制が期待できます。運動直後の摂取はタンパク質分解とアミノ酸の合成による筋肉形成に繋がります。したがって運動後の糖質やタンパク質を摂取することが推奨されています。毎食20g摂取することで筋肉合成が高まる報告があります。