*/バリューコマース */

スルフォラファンの源ブロッコリー

2019年10月26日

人生100年時代という言葉が世間に定着しつつある近年で健康寿命を伸ばしたいと考えるニーズは以前になく高まっています。今回は最新の医学を学べる「今でしょ!講座」で取り上げられたブロッコリーについてまとめて自分の料理に生かしつつ、健康増進したいと思います。

目次

死亡リスクを下げるブロッコリー

旬の時期は11月ごろから3月ごろとされますが、年を通じて栽培されているアブラナ科の野菜です。

白米に対して糖質が60分の1、カロリー6分の1、食物繊維12倍とされ高い栄養素が期待できます。

スルフォラファンの効用

ブロッコリーに含まれる硫黄化合物と酵素が結合して生成される物質がスルフォラファンであり、最も注目される要因の一つです。アブラナ科に含有される物質。

活性酸素を減少させる抗酸化作用があり、がん抑制、死亡リスクを減少させる効用がある。

肥満を改善する効果も期待できる。

スルフォラファンの最大限引き出す

・細かく刻むことでよりスルフォラファンがより生成される。

・刻んでから5分程度放置することでより生成される。

→ 刻んだものをハンバーグなどに使用することが有効。

・熱には弱い特性から、低温で蒸すことが有効であり、炒める場合は最後の方に混ぜることが有効。

→ 牛肉炒めにブロッコリーを混ぜることでダイエット効果の高い一品ができる。

・ツナに含まれるセレンと組み合わせることにより抗酸化作用による動脈硬化の予防が期待できる。

ブロッコリーの有効な保存方法

・冷蔵庫のチルド室(最も低温箇所0度に近い)で保管することで仮死状態化でき呼吸が抑えれ長持ちする。

・芯を水に浸して保管することで水分が失われることによる劣化を防げ鮮度を保てる。

・ポリ袋で覆い保管することで他の野菜によるエチレンガスによる影響を軽減できる。