*/バリューコマース */

「夏美のホタル」紹介編

2020年3月12日

目次

夏美のホタル

今回紹介する「夏美のホタル」は昔ながらの情緒を懐古できる一冊です。
忘れかけていたものを思い出させてくれます。

作家紹介

森沢明夫
生 誕:1969年9月20日
出 身:千葉県船橋市
代表作:虹の岬の喫茶店、ヒカルの卵
小説、エッセイ、ノンフクション、絵本など多くの分野で活躍されています。
今作品および「虹の岬の喫茶店」は映画化されているため見覚えがある方もいるかもしれません。

本書紹介

この物語の舞台:千葉県の房総半島山里には、壮大な自然が広がっていた。

川原に立つと、そこはもう別世界だった。薄闇のなか、三六〇度、ぼくと夏美は緑色に明滅する光に囲まれていたのだ。清涼な川風と、心地よいせせらぎの音、森と鈴の清々しくも甘い匂い。そして、蛍、蛍、蛍。

視覚、触覚、嗅覚、聴覚にフルに活用した豊かな表現が情景を容易に想像でき体験できます。また、夏の情景だけではなく、物語の進行とともに情景が移り変わり、違う季節を感じることができます。自然にふれあい、人に寄り添い過ごした日々が、奇跡を生み、未来へ繋がっていく。

自然に触れ合う機会が少なくなり、また家族や親戚との繋がりが薄くなりつつある今だからこそ、幅広い世代に響く一冊であると感じます。忘れかけていたものを思い出させてくれるそんな素敵な一冊です。ぜひ手に取っていただけたらと思います!

 

裏面あらすじ

写真家志望の大学生・相羽慎吾。卒業制作間近、彼女の夏美と出かけた山里で、古びたよろず屋「たけ屋」を見付ける。そこでひっそりと暮らす母子・ヤスばあちゃんと地蔵さんに、温かく迎え入れられた慎吾たちは、夏休みを「たけ屋」の離れで暮らすことに。夏空の下で過ごす毎日は、飽きることなくシャッターを切らせる。やがて、地蔵さんの哀しき過去を知った慎吾は、自らできることを探し始めるが・・・。心の故郷の物語。(角川文庫より引用)

本書との思い出

ある日、白楊書店に立ち寄った。
「なんか、いい文庫本ないかなぁ」文庫のオススメコーナーへ。
本文庫本の表紙を見て思う。有村架純さんだ!目立つなぁと思いながらスルー。
少し後に、また全体を見渡すと目立つ有村架純さん。
今度映画化されるのか、、、、。作家は誰だろう、、森沢明夫さん!?
「虹の岬の喫茶店」で魅せられた記憶を思い出す。
可愛かったし、森沢明夫さんだし買っちゃお!っていうノリで買いました。。;

映画化が決定している作品である場合、登場人物がよりイメージしやすいので、読書に慣れていない方にはオススメです。もちろん、女優さんのファンだからというような単純な理由でも良いと思います!