*/バリューコマース */

秋の味覚キノコの注目成分

秋に最盛期になるキノコ類は豊富に栄養が含まれており、摂取したい食材の一つです。メディアでよく耳に聞かれるオルニチンはシジミに多く含まれると思われがちですが、実はキノコ類に多く含まれます。キノコ類の驚きのパワーを知り食事に意識的に取り入れ、健康増進に繋げましょう。

オルニチン豊富なしめじ

  • シジミよりもオルニチンが5倍以上含まれる
  • オルニチンは睡眠改善効果が期待ができる

シジミに対してオルニチンが5倍以上含まれるとされるしめじ。オルニチンは、ノンレム睡眠を延長し深い睡眠を得られるとされ、ストレス軽減やホルモン分泌に有効とされます。また起床所の寝覚めを改善する効果が見込めます。

肥満予防の効くえのき

  • 脂肪燃焼作用
  • 糖の吸収抑制効果
  • 冷凍で栄養素UP

えのきの栄養成分であるエノキタケリノール酸を8週間摂取したことにより内臓脂肪が20%減少した報告があります。エノキタケリノール酸が脂肪燃焼を担うアドレナリンの作用を活発化する効果が期待されます。活動性が高いときに摂取することで相乗効果が期待されます。また、キノコキトサンにより糖をコーティングし吸収を抑制することでが期待されます。水や胃酸に強いとされ、腸にまで届くことが有効ともされます。冷凍することにより吸収が良くなるとされます。細胞壁が膨張し破壊されることにより調理の際により摂取できるとされます。えのきの根元に最も豊富に含まれる。

まいたけで免疫機能向上

  • 免疫機能向上
  • タンパク質吸収UP

まいたけに豊富に含まれるβグルカンマクロファージと呼ばれるウイルスと戦う成分を活性化が期待されます。スーパーで売られているものは菌床栽培と呼ばれる殺菌したおがくずなどで生産されていることから、水洗いしなくて良いとされます。また、まいたけプロテアーゼはタンパク質を分解する働きがありタンパク質と同時に摂取するすることで効率的に摂取できるとされます。