グーグルアナリティクス設定 グーグルサーチコンソール google-site-verification=8nHyigJ4yWe01_ajsu7OJZLxKI39aj3CbnAwlu4W_3k

MCI(軽度認知障害)とは? MCIのサインと対策

2020年2月19日疾病MCI, ぐっすり, 入浴・サウナ, 大病SOS, 糖尿病, 脳疾患, 認知症, 運動メニュー

最近CMなどで耳にする機会が増えてきたのが「MCI」です。

認知症についてメディアなどで取り上げられる機会は増えている一方で、核家族化などで高齢者との繋がりが薄い現代では、遠い存在と据える人も少なくありません。

認知症は、根治する方法が確立されておらず、本人のみならず親族、友人にも負担が伴う病です。

だからと言って恐れることはなく、規則正しい生活を心がける、「MCI」を知り、早期に対応することで、予防、進行を遅らせることが可能です。

 

MCI(軽度認知障害)

軽度認知障害

MCI(軽度認知障害)とは

MCIの臨床的な定義

  • 記憶障害の訴えが本人または家族からある
  • 客観的に1つ以上の認知機能(記憶や見当識など)の障害が認められる
  • 日常生活動作は正常
  • 認知症ではない

MCI(軽度認知障害)とは、認知症の前段階を指します。(Mild cognitive impairment)

日常生活を過ごすにあたって、ほとんど支障がない状態ながら、物忘れなどの認知機能低下が見え始めた段階とされます。

認知症の抜本的な解決方法は確立されていませんが、認知症の前段階で対応することで、進行を防ぎ、改善に繋げれる可能性があります。

MCIから認知症に進展する割合年平均10%程度と言われています。

MCIのサイン

短期記憶の欠如

認知症の初期症状として海馬と呼ばれる短期記憶を司る部位から機能が低下するとされます。

物忘れが激しくなっている場合は注意が必要です。

意欲低下

脳神経の側坐核と呼ばれる意欲などを司る部位の機能が低下することで、行動が億劫になりやすいとされます。

家事や小銭を支払うのが億劫になることもサインと言えます。

 

認知症

認知症

85歳以上の2人に1人が認知症とも言われる

日本人の高齢者の認知症人口は、80〜85歳では4人に1人85歳以上では2人に1人にも上るとされます。

65歳以上のMCIの方と認知症の方の人数は850万人を超えるとされ、4人に1人が該当するとされます。

認知症人口は、現在400万人程度とされますが、2025年には700万人もの方が患うと試算されています

認知症の症状と種類

認知症とは、中核症状と呼ばれる記憶障害や見当識障害(時間、場所、人物)、認知機能障害(計算、判断、発語、行動)と周辺症状と呼ばれる個別で生じる妄想や睡眠障害、抑鬱などの症状を伴います。

物忘れなどの短期的な記憶の欠落による軽微な症状から、排泄や食事などが困難になり生命の維持に関わる重篤な症状まで症状の幅が広い病気です。

いくつかの理由が考えられますが、8割程度が以下の原因が関わっているとされます。

アルツハイマー型認知症

アミロイドβと呼ばれるタンパク質が脳内に溜まっていくことが主な要因と考えられます。

MCIスクリーニング検査と呼ばれる脳のゴミを排出する時に出る物質の量を測定しリスクを測定する方法があります。

血管性認知症

脳疾患などで脳内の組織が死滅したことが原因で発症するとされます。

認知症のリスク要素

  • 糖尿病患者の発症率が約2倍
  • 脳梗塞患者の発症率が約2.8倍
  • 心筋梗塞患者の発症率が約1.9倍
  • 目の障害患者の発症率が約2倍
  • 睡眠の質低下で発症率が約5倍
  • 2時間を超える昼寝で発症率が約1.8倍

認知症対策

栄養素

認知症対策は、食事、睡眠、運動、入浴など多角的な観点からアプローチする必要があります。

血流の改善を良くする、有害なものを摂取しないを大前提に規則正しい生活が大切です。

食事による認知症対策

環境による認知症対策

運動による認知症対策

 

まとめ

認知症についてはまだまだわかっていない点が多いため、一部の情報を切り取って「〇〇を食べているから大丈夫」といった考え方は危険です。

日々研究が進められている分野であり、情報を自分なりに更新しながら、生活習慣を見直していくことが最も重要です。

介護現場では、大半の方が認知症を抱えており、認知症が日常生活を困難にさせてしまうといっても過言ではありません。

ぜひ、自分や家族の身として考え、行動する機会になれば幸いです。