グーグルアナリティクス設定 グーグルサーチコンソール google-site-verification=8nHyigJ4yWe01_ajsu7OJZLxKI39aj3CbnAwlu4W_3k

脂質

栄養素αリノレン酸, アラキドン酸, オメガ3, コレステロール・中性脂肪, リノール酸, 心疾患, 糖質

脂質

炭水化物タンパク質と並び三大栄養素の一つとされ、1gあたり9kcalのエネルギーとなります。水に溶けない中性脂肪は、小腸から吸収された後、水に溶けるタンパク質と結合して体の各部に運ばれます。ホルモンや細胞膜、角質、皮下脂肪として臓器保護や身体の寒冷から守る役割を果たします。脂溶性ビタミンのビタミンA・D・E・Kの吸収を促す役割も担います。

エネルギー効率が高いことから、有事に備えて体に蓄えようとする働きから糖質に比べて消費されにくいとされます。

化学構造での違い

  • 単純脂質(中性脂肪など)
  • 複合脂質(リン脂質、リポタンパク質など)
  • 誘導脂質(ステロール類=コレステロール、カロテノイドなど)

脂肪酸とグリセリン(アルコール)が結び付き中性化することから中性脂肪とされます。室温で固形であるものが動物性で、液体であるものが植物性であることがほとんどです。

注目されるコレステロールの指標LH比とは

健康診断では気づかない隠れコレステロール

脂質異常症は大病のもとでありアンチエイジングの大敵にも

脂肪酸とは

炭素と水素の構成によって分類が変わり性質が変わります。飽和脂肪酸は優先的に使用されるエネルギー源です。

飽和脂肪酸

基本的に動物に由来するものに多く含まれるとされます。特に、肉、牛乳、バター、卵黄、ココナッツ、パーム油などに多く含まれるとされます。飽和脂肪酸を不飽和脂肪酸に置き換えることで、血中脂質が改善した報告があります。また、飽和脂肪酸の過剰摂取がインスリン抵抗性と呼ばれる血糖調整が悪化させる原因となる報告があります。一方で、摂取不足により脳疾患が増加した報告もあります。

不飽和脂肪酸(一例)

  • オレイン酸(一価)
  • αリノレン酸(オメガ-3系)
  • DHA,EPA(オメガ-3系)
  • リノール酸(オメガ-6系)
  • アラキドン酸(オメガ-6系)

不飽和脂肪酸はいくつかに分類されますが、基本的に植物に由来するものに多く含まれ、室温で液体を示す性質であり、血液の形状にも影響を与えると考えられ、不飽和脂肪酸の摂取で血栓や動脈硬化予防が期待されています。

必須脂肪酸とは

体内で他の脂肪酸から合成できない脂肪酸で、広義としてオメガ3、オメガ6が該当しますが、狭義としては、αリノレン酸、リノール酸とされます。リノール酸はリノレン酸、アラキドン酸などに合成され、αリノレン酸はDHA、EPAなどに合成されます。

オメガ3とオメガ6のバランス

オメガ3に対してオメガ6の割合が増加すると心疾患、骨粗鬆症、炎症、自己免疫疾患などの発症リスクが高まるとされています。アメリカでは1:8、日本では1:4とされます。したがってオメガ3を積極的に摂取することが重要となります。

海産微生物や光合成の過程で作られるとされ、青魚や油な、エゴマ、アマなどに豊富に含まれ、鯖缶やエゴマ油といった商品が人気を集める大きな要素となっています。動物性脂肪にも膨れまれるとされ、穀物や牧草といった飼料環境によって含有量が異なるとされます。