*/バリューコマース */

「羊と鋼の森」紹介編

2020年3月12日

目次

羊と鋼の森

2015年にブランチブックアワード大賞受賞。2016年本屋大賞では、「君の膵臓をたべたい」を差し置いて、大賞を受賞しました。自然や音楽の豊かさ、壮大さが緻密に表現されています。調律師として音楽に触れるなかで、葛藤する成年、外村が見せる愚直な姿勢には、身の引き締まる思いになります。普段、忘れがちな風景、思いを感じることができる素敵な作品です!登場人物ひとりひとりの人間味も必見です!

作家紹介

作家名:宮下奈都
生 誕:1967年
出 身:福井県福井市
代表作:よろこびの歌、誰かが足りない

本書紹介

17歳の高2の少年外村。するべきことが見つからず、時間を持て余していた。

するべきことが思いつかなかった。したいこともない。このままなんとか高校を卒業して、なんとか就職口を見つけて、生きていければいい。そう思っていた。

ある日、江藤楽器の調律師の板鳥の調律に出会う。

森の匂いがした。秋の、夜の。僕は自分の鞄を床に置き、ピアノの音が少しずつ変わっていくのをそばで見ていた。たぶん二時間余り、時が経つのも忘れて。

そして調律師を志し、江藤楽器に就職し、調律師としての人生を歩む。
調律の日々で、様々な葛藤を抱く。

「初めて聴いたピアノの音。僕はそれを求めてここへ来た。あれから少しも近づいてはいない。もしかしたら、これからもずっと近づくことはできないかもしれない。初めて、怖いと思った。鬱蒼とした森へ足を踏み入れてしまった怖さだった。」

調律という名の森へ迷い込んだ外村が悪戦苦闘しながら、見出していくものとは?

本書冒頭紹介

森の匂いがした。秋の、夜に近い時間の森。風が木々を揺らし、ざわざわと葉の鳴る音がする。夜になりかける時間の、森の匂い。

帯紹介

ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を暖かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。

本仮屋ユイカさん(女優)
いま自分がやっていることに無駄なことはなく、すべてが力になるのだと強く背中を押されました。

市川真人さん(文芸批評家)
村上春樹のドライさと湿り気。小川洋子の明るさと不穏。二人の先行作家の魅力を併せ持った作品です。