*/バリューコマース */

健康診断から「脂質異常症」を確認

不飽和脂肪酸

「脂質異常症」は、糖尿病や慢性腎臓病などと並んで、要介護者の既往歴に多く見られる疾病の1つです。

わかりやすく言えば「肥満」に近い状態を指しますが、コレステロールを摂らなさすぎる場合でも影響が生じるため、適切に健康診断などの結果を評価できることが重要となります。

目次

脂質異常症とは

「高脂血症」から「脂質異常症」に

以前は「高脂血症」として脂質の値の高い状態を指していましたが、善玉コレステロールが低いことによる影響が大きいことが注目されており、現在では悪玉コレステロール、中性脂肪が高すぎる、善玉コレステロールが低すぎることを「脂質異常症」として名付けれました。

脂質異常の目安

  • LDLコレステロールが 140mg/dl以上(高LDLコレステロール血症)
  • HDLコレステロール 40mg/dl未満(低HDLコレステロール血症)
  • 中性脂肪(トリグリセライド) 150mg/dl以上(高トリグリセライド血症)

近年注目されている指標の1つとしてLH比(悪玉コレステロール/善玉コレステロール)があります。 2.0以上で血管が傷つきやすい状態を示し、2.5以上で狭心症をはじめとした血管疾患リスクが高いことを示します。

脂中毒のセルフチェック

くるぶしの高さのアキレス腱の太さが1〜1.5cmを超える場合、注意が必要です。

比較的、負荷がかかり組織修復の働きが活発であり、肥大化は血中コレステロールが高いサインになります。

脂の中毒の目安して、2つで要注意、3つで該当の恐れがあります。

  • 1日2食揚げ物を食べることがある
  • 肉は脂がのったものを食べる
  • 醤油ラーメンよりとんこつラーメン
  • 和菓子よりも洋菓子を食べる
  • つい食べすぎてしまうことがある
  • 食事を抜いた日の方が多い

コレステロールと中性脂肪

カロテノイド

善玉コレステロール(HDL)

血中の余分な悪玉コレステロールを肝臓に運ぶ働きを担います。

悪玉コレステロールが酸化するなどの影響が発生することを防ぐことに繋がり低い値の場合、リスクが高まります。

体質の影響が大きいとされますが、カロテノイドの1つリコピンが高める働きを担います。

悪玉コレステロール(LDL)

肝臓から全身に運ばれ細胞膜や血管壁、ホルモン、胆汁酸、ビタミンDなどの原料になります。

脂肪や菓子などを大量摂取により過剰になります。

酸化悪玉コレステロール

悪玉コレステロール単体では体に悪影響がないとされますが、活性酸素と結びつくことでプラーク生成により動脈硬化などに繋がります。

シミやシワへの繋がるだけでなく、ガンや認知症との関連性も指摘されています。

喫煙が最大の要素とされますが、高温調理は総じて酸化悪玉コレステロールを多く含んでいます。

中性脂肪

脂肪酸とグリセリン(アルコール)が結び付き中性化することで生成され、体のエネルギー源となりますが、過剰摂取があらゆるリスクを高めます。

中性脂肪の値が高い場合、心疾患や脳疾患リスクが150を超えると2倍、200を超えると3倍、400を超えると5倍に高まります。

脂質改善する栄養

コーヒー

タンパク質

タンパク質の1つグルタミン酸は、食事の満足感を高めます。 昼前に旨み成分グルタミン酸を摂取することで食事量を減らすことができた研究報告があります。

ポリフェノール・カロテノイド

イソフラボンやカテキン、クロロゲン酸などには悪玉コレステロールの吸収を抑制する働きがあります。

不飽和脂肪酸

亜麻仁油や青魚に含まれるオメガ3やオレイン酸がコレステロールを下げる効果が期待できます。

食物繊維

「ベジタブルファースト」や「腸活」は有効な方法です。

カフェイン

コリン・レシチン・レバン

脂質改善する取り組み

食事

  • 適度な飲酒
  • 禁煙
  • 低温調理
  • 運動・筋トレ
  • 入浴法
  • 食事方法

食事方法

14時〜15時が最も脂肪を蓄積しにくい時間とされます。

小さめの食器に盛り付ける、食べ終えた食器を少し置いておくといった視覚的情報や、香りを立たせるといった嗅覚的情報をコントロールすることにより、食事量をコントロールすることができます。

運動によるホルモン活性

成長ホルモンやテストステロンの活性は脂肪燃焼に関わり、筋トレや運動は有効な方法です。

1日の歩数と善玉コレステロールが比例する研究があることから有効な方法とされています。

テストステロンと亜鉛には深い関係があります。

適糖

中性脂肪が増加すると善玉コレステロールが減少する傾向があり、糖質をコントロールすることが重要です。

NO