*/バリューコマース */

カラーリングでテンションを区別し伝わりやすく

サイトの運営に関しての記事を書こうと思いつつ、なかなか形にできていなかったので今回は、カラー分けによる運用方法を紹介したいと思います。コーヒーと緑茶を時間で飲み分ける!の内容を例に紹介します。レッドカラーがネガティブ色にするのは若干迷いましたが、目立ち印象を強くさせるカラーであり採用しています。習慣を改善しようとする場合、ネガティブな点に注目することは重要になる思いもあります。ブルー系のカラーはリンク色とかぶることから採用しない形としました。まだまだ、試行錯誤していく段階ですが、一つの考え方として参考にしていただければ幸いです。

目次

ポジティブを表すグリーンカラー

グリーンカラーリングでポジティブな印象を与えるように構成します。

例として「コーヒーは毎日1杯飲むことで脳卒中リスクを20%軽減できる」といった具体です。

中立および普遍的なものを表すイエローカラー

イエローカラーリングで普遍的なものや定義を示すよう構成します。

例として「コーヒーは全世界で最も愛されており、科学的研究が進んでいる飲料である」といった具体です。

若干、漠然とした内容でも、一般的に認識されている重要な点についてイエローカラーリングを施します。

ネガティブを表すレッドカラー

レッドカラーリングは主に病気や症状などの悪影響を示すよう構成します。

例として「夕方以降のカフェインの摂取は夜間の睡眠に悪影響を与える」といった具体です。

運営

Posted by winddy1