*/バリューコマース */

習慣を再構築する行動療法

2019年10月26日

分かっていても直せない習慣は数知れず・・・。そのハードルをどう超えていくかは、商売し成功する以上に困難であるものかも知れません。そういった習慣を再構築するスイッチとなる考え方につながる可能性がある「たけしの家庭の医学」で紹介された行動変容について綴りたいと思います。番組では、高血圧についてアプローチし道州制)と行動療法とは道義的または語感的にていましたが、趣味や勉強など様々な習慣の改善に効果を発揮できることからも注目です。

目次

行動変容と習慣

行動変容とは生活を改善しようとすることであリます。ただし、言葉以上に習慣を変えることは容易ではないことは皆さんも感じている点だと思います。行動変容のために性格に応じて対処する考え方が近年では注目されています。

行動変容簡易チェック

行動変容チェック3区分

Aブロック

  • 5年後は今より悪くなると思っている
  • 失敗を引きずる方である
  • 人と比べて自分のことをダメだと思うことが多い

Bブロック

  • 大勢の人と一緒にいて刺激を受けるのが好きか
  • グループでは先頭に立つことが多い
  • スポーツは一生懸命行う

Cブロック

  • 色々想像するのが好きな方である
  • テレビドラマや映画で感動して涙を流す
  • 若者のフランクな言葉遣いが気にならない

行動変容区分け方法

  • ABもしくはABCにあった人が○2以上・・・1
  • BCもしくはBだけ○2つ以上・・・2
  • ACもしくはCだけ○が2つ以上・・・3
  • どのブロックにも○が2以下・・・4
  • Aブロックだけ丸が2つ以上・・・5

行動変容区分けタイプ

  1. 何事も諦めやすく情熱が続かないタイプ
  2. 1人ではできないので仲間と一緒がいいタイプ
  3. 流行りものにしか興味を示さないタイプ 
  4. 考えすぎて最初の一歩が踏み出せないタイプ
  5. 自分の健康への関心が薄いタイプ

行動変容区分け別アプローチ方法

  1. メモや記録をこまめに取り小さな達成感を味わい継続を促す
  2. 周囲を巻き込むように取り組む。宣言する張り紙等行い行動を促す
  3. 飽きたら再度情報収集し乗り換える。流行に乗って健康改善に取り組む
  4. 毎日できるコツコツとした習慣を積み重ねるよう取り組む
  5. 早寝早起きや整理整頓によって行動改善を促す