*/バリューコマース */

濁り酢の酢酸菌がアレルギーに効く?!

アレルギー

現代人に増えつつあるのが花粉症などをはじめとしたアレルギー症状です。

常態化して慣れている方も多いと思いますが、生活リズムが乱れており免疫機能が低下していることが可能性があります。

自分の状態、生活習慣を見直すという意味でもアレルギーについて理解することは大切です。

 

目次

アレルギー

花粉症

花粉を吸引することで、IgE抗体が作られるとされますが、キャパシティーを超えることで、ヒスタミンとしてかゆみなどの症状を発症してしまうとされます。

軽微な症状が前兆として現れます。

アレルギーや花粉症の鼻水は粘性が少ないとされますが、鼻水、咳、目のかゆみ、くしゃみ、蕁麻疹、腹痛などを様々な症状が現れます。

花粉症以外のアレルギーも増加

花粉症と食物に共通したアレルゲンタンパク質によるアレルギー反応の交差反応による症状が増えつつあります。

花粉症とは異なる反応を示す場合があり、食事の際のイガイガ、ピリピリ感、喉の腫れは軽微な反応の一部とされます。重篤な症状の場合、アナフィラキシーショックを引き起こし、呼吸器や血圧変動による循環器の症状に発展すると言われます。

スギ・ヒノキの花粉症と食物の関わり

  • リンゴ
  • サクランボ
  • モモ
  • ナシ
  • イチゴ
  • プラム
  • オレンジ

カバノキ科

  • リンゴ
  • サクランボ
  • モモ
  • ナシ
  • イチゴ
  • プラム
  • オレンジ
  • ヘーゼルナッツ
  • 大豆
  • ピーナッツ
  • ニンジン
  • セロリ

イネ科、ブタクサ、ヨモギ

  • メロン
  • スイカ
  • キュウリ
  • トマト
  • オレンジ
  • バナナ
  • アボカド
  • セリ科(ヨモギのみ)
  • スパイス(ヨモギのみ)

スクラッチテストによるアレルギー検査項目

アレルギー物質を体内に吸収させて体内の反応からアレルギーを確認する方法があり、以下の項目を確認することができます。

  • アキノキリンソウ
  • カナムグラ
  • カモガヤ
  • チモシー
  • ヒメガマ
  • ブタクサ
  • ヨモギ
  • アルヌス
  • スギ
  • ダニ
  • 犬毛
  • 猫毛
  • アスペルギルス
  • アルテルナリア
  • カンジダ
  • クロカビ
  • アオカビ

 

アレルギー対策法

アレルギー対策

マスクの正しい着け方

  1. マスクを顔の中心に合わせる
  2. ノーズフィルターを鼻の形に合わせる
  3. プリーツをしっかり広げて顎をカバーする
  4. 両手でなじませて全体にフィットさせる

舌下免疫療法

アレルギー物質を体内に取り込み、身体の体質を改善する方法で、効果を得るためには半年から数年かかるとされます。

濁り酢の酢酸菌がアレルギーに効く?!

濁り酢に豊富に含まれる酢酸菌にアレルギー対策に有効である可能性が報告されています。

乳酸菌や納豆菌とは異なる免疫機能の活性作用が期待できます。

黒酢やバルサミコ酢などでも同様の作用が期待できるとのことです。

ヨーグルトスムージー

  • 牛乳100cc
  • ヨーグルト100g
  • 濁り酢大さじ2
  • お好みのフルーツ適量

腸活が免疫機能と大きな関わり

腸内環境を整えることにより、免疫機能を高めて改善するのではないかと考えられています。

重篤なアレルギー症状の対策の一つとして、発酵食品による腸内細菌を改善する方法がとられる場合があります。

 

皮膚や粘膜のケアが重要

口や鼻からのアレルギー物質の吸引だけではなく、皮膚などの状況が悪化することで取り込まれる可能性が考えられます。

時間差によるアレルギー反応もある

一般的には直前の食事に対してアレルギー反応を疑う場合がありますが、実際には、朝食が夕食後に反応を示す場合があるとされ、食物日記などをつけることは一つの有効な方法とされます。

 

まとめ

アレルギーについては私自身あまり悩んだことがありませんが、蓄積し発症する可能性があることから、油断できないと感じました。

大前提となるのが高い免疫機能を保つことが重要であり、腸活や睡眠、運動といった規則正しい生活がやはり肝心であるのだと感じます。