*/バリューコマース */

100歳を超える長寿がこよなく愛するチョコレートの効果

国内最高齢の116歳の方や世界最高齢の女性がこおよなく愛する食品の1つがチョコレートであることから注目を浴びています。

その中でも高カカオチョコレートには多くの有益な健康効果が期待できるため、普段食べているお菓子やスイーツ、果物を置き換えるだけでその効果が実感できるはずです。

高カカオチョコレートの魅力について紹介します。

 

目次

高カカオチョコレートの魅力

カカオポリフェノールはファイトケミカルの一種

カカオポリフェノールとはカカオの表面部分に多く存在する抗酸化成分。

植物特有の虫などの天敵や紫外線などから身を守るための作用であり、五大栄養素や食物繊維と同様に重要視される成分とされ、ファイトケミカルと呼ばれることがあります。

βカロテンやポリフェノールは、ファイトケミカルの一種です。

高カカオチョコレートには、緑茶やリンゴなどに比べて段違いにポリフェノールを豊富に含んでおり、有力な摂取方法と言えます。

 

以前に紹介した「食べる投資ハーバードが教える最高の食事術」でも、ファイトケミカルが紹介されています。

具体的には、1日4色の野菜を摂取しようというものです。それほど、不足しがちであり、有益な効果が期待できるとも言えます。

 

抗酸化作用で肌や血管を若々しく保つ

  • 肝機能改善し免疫力強化
  • 抗酸化作用による血圧低下、美容作用

血管が傷つくこと、狭まることなどにより高血圧や動脈硬化繋がり、最終的には脳疾患や心疾患にまで発展してしまいます。

悪玉コレステロールの酸化によるプラークの形成や血管の酸化による劣化などを軽減するためには抗酸化作用は重要です。

また、しわやしみの原因は肌も酸化が原因とされます。

カカオプロテインで快便に

カカオに含まれるタンパク質の1つがカカオプロテインであり、整腸作用や便の増加などの便秘解消効果の報告がなされており注目されています。

ミネラルや食物繊維も豊富に含まれる

高カカオチョコレートは、カリウム、亜鉛、マグネシウム、鉄といった現代社会で不足しがちと言われるミネラルや食物繊維を豊富に含んでいます

チョコレート効果72%では100gあたり12gもの食物繊維が含まれており、さつまいもを遥かに凌ぐ値となっています。一般的なチョコレートでも100gあたり4g程度含まれるとされます。

免疫機能や脳の機能と関係が注目されている「腸活」に寄与すると言えます。

 

1日の摂取目安と食べ方

1日あたりの摂取の目安は20g〜25g程度であり、チョコレート効果では4、5枚程度です。

ポリフェノールはビタミンCなどと同様に水溶性であり、発汗や排尿により失われる性質であることから、こまめに補給することが大切です。

味覚の変化を認知する機会にしてみては?

高カカオチョコレートは、基本的に糖分が抑えめなため、チョコレートを含んだ際は、味覚の状態を認識する機会にもなります。

GI(グライセミック・インデックス)と呼ばれる糖質の吸収度合いを示す値がチョコレート効果72%では29と低い値を示しており、血糖値の乱高下を避けつつ効用を享受することができます。

GIが70以上の食品を高GI、55以下を低GI食品と定義されています。

WHOにより「過体重、肥満、2型糖尿病の発症リスクを低GI食品が低減させる可能性がある」報告がされています。

糖分を多く摂取した場合、甘みをなどをあまり感じることができません。

チョコレート習慣は、味覚の乱れを認知する機会になり、血糖値のコントロールに繋がる可能性を個人的には感じています。